Learning site for website creation

WordPressデータをテスト環境から本番環境に移行する手順

  • 投稿日:2018年02月06日

1.WordPress関連のすべてのファイルをダウンロード

 
WordPress関連の全ファイルをFTPソフトを使ってダウンロードする。
ダウンロードした全ファイルを対象に「テスト環境ドメイン」をすべて「本番環境ドメイン」に置換する。
 

SublimeTextを使って全ファイル対象に検索・置換する方法

ショートカットキー:Ctrl+Shift+F
 
Find:テスト環境ドメイン 
例)test.com 
Where:左の「…」をクリックしてWordPress関連ファイルの入ったフォルダを指定 
例)C:¥xampp¥htdocs¥wordpress
Replace:本番環境ドメイン 
例)honban.com
※FindやReplaceのドメインに「http://」や最後の「/」を入れずに検索・置換する
 
「Replace」ボタンを押して検索・置換後、変更のかかったファイルをすべて保存。
 

2.DBファイルをエクスポート

phpMyAdminを使ってWordPressのDB情報をエクスポートする。
エクスポートしたSQLファイルのテスト環境ドメインをすべて本番環境ドメインに置換

SublimeTextを使ってSQLファイルを検索・置換する方法

ショートカットキー:Ctrl+H
 
Find:テスト環境ドメイン 
例)test.com 
Replace:本番環境ドメイン 
例)honban.com
※FindやReplaceのドメインに「http://」や最後の「/」を入れずに検索・置換する
※DBが一つしか使えない場合は接頭辞「wpX_」も置換しておく
 例)「wp1_」を「wp2_」に置換
 
 「ReplaceAll」ボタンを押して検索・置換後、ファイルを保存。

3.ウィジェット情報をエクスポート ※ウィジェット使用時のみ

「Widget Importer & Exporter」プラグインをインストール・有効化
テスト環境:「外観」>「ウィジェット」の上部に「Import/Export」ボタンがあるのでクリックしてウィジェット情報をエクスポートする。
 

4.カスタマイズ情報をエクスポート ※カスタマイズ使用時のみ

「Customizer Export/Import」プラグインをインストール・有効化
テスト環境:「外観」>「カスタマイズ」の上部に「Import/Export」ボタンがあるのでクリックしてカスタマイズ情報をエクスポートする。
 
ここまででテスト環境データの取得完了
 

5.本番環境にWordPressデータをアップロード

FTPソフトを使って本番環境サーバのルートディレクトリに「1」で用意した全WordPressファイルをアップロードする。
 

6.本番環境にデータベースを構築

本番環境のphpMyAdmin左メニューの「new」をクリックして新しいDB領域を作成する。
左メニューに表示された「新しいデータベース領域名」をクリックした後、「2」で用意したSQLファイルをインポートする。
新しいDB領域を作成できない場合は既存のDB領域を選択して接頭辞を変更したDBファイルをインポート
 

7.ウィジェット情報をインポート ※ウィジェット使用時のみ

テスト環境:「外観」>「ウィジェット」の上部に「Import/Export」ボタンがあるのでクリックして「3」で用意したウィジェット情報をインポートする。

8.カスタマイズ情報をインポート ※カスタマイズ使用時のみ

テスト環境:「外観」>「カスタマイズ」の上部に「Import/Export」ボタンがあるのでクリックして「4」で用意したカスタマイズ情報をインポートする。

 

9.ダウンロードした「wp-config.php」を変更

「1」でダウンロードしたWordPressフォルダ直下にある「wp-config.php」情報を本番環境データベース接続情報に変更して保存。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '本番環境DB領域名');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '本番環境DBユーザ名');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '本番環境DBパスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '本番環境DBホスト名');
 
接頭辞を変えた場合は以下も変更
 
$table_prefix  = 'wp変更した数字_';

変更後保存する。

10.変更した「wp-config.php」を本番環境に上書きアップロード

FTPソフトを使って「9」で変更した「wp-config.php」を本番環境WordPress関連ファイルの入ったフォルダ直下にアップロード。「5」でアップロードした「wp-config.php」を今回のファイルで上書きする。

11.リンクがうまく機能していない場合は以下の手順

本番環境で表示確認し、各ページのリンクが機能していない場合は以下の手順を試す。
管理画面左メニュー「設定」>「パーマリンク設定」を表示し、何も変えずに「変更を保存」をクリックする。
再度リンク確認。
 
以上でテスト環境のWordPressデータを本番環境に移行完了。