Learning site for website creation

Apache Tomcat のドキュメントルートと変更方法

  • 投稿日:2019年09月27日

「apache-tomcat-7.0.81」のドキュメントルート(公開フォルダ)は以下の位置になります。

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 7.0\webapps\ROOT

ドキュメントルート(公開フォルダ)を変更する方法

「ドキュメントルート変更用XMLファイル」を以下の位置に配置します。

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 7.0\conf\Catalina\localhost

ドキュメントルート変更用XMLファイル

ファイル名:<URL>.xml

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<Context path="/<URL>" docBase="<公開フォルダの場所>" />

URLで使用するパスを指定する

path="/<URL>"

pathで指定したURLにアクセスした時に参照する公開フォルダの場所を指定する

docBase="<公開フォルダの場所>"

ファイル名

ファイル名はpathで指定したURL名にする。

パス名とファイル名が異なっているとドキュメントルートを変更できないので注意!

記述例

ファイル名:java.xml

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<Context docBase="C:\java" path="/java"/>

URL「http://localhost/java」にアクセスすると「C:\java」フォルダ内を参照する。

ファイル名が省略されている場合は「index」という名前のファイルを表示する。※設定で変更可能

作成したXMLファイルを以下の位置に配置

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 7.0\conf\Catalina\localhost