Learning site for website creation

35:ウィジェット機能を追加

  • 投稿日:2019年07月15日
  • 更新日:2019年07月22日

初期状態では「外観」に「ウィジェット」という項目がありません。

ウィジェット機能を有効にします。

/*********************************
 ウィジェット機能追加
**********************************/
// ウィジェットエリアを作成
register_sidebar(
  array(
    'name' => '表示位置の名称',
  )
);

functions.php

/*********************************
 ウィジェット機能追加
**********************************/
// ウィジェットエリアを作成
register_sidebar(
  array(
    'name' => 'フッター',
  )
);

 

管理画面「外観」>「ウィジェット」

register_sidebar関数を呼び出すことでウィジェット機能が有効になり、引数で指定したウィジェットエリア「フッター」が作成されます。

作成したウィジェットエリア「フッター」に「検索」「アーカイブ」「固定ページ」を追加します。

必要であれば「タイトル」やアーカイブのチェックボックス等を選択します。

ウィジェット表示エリアを作成する

テンプレートの任意の場所でdynamic_sidebar関数を呼び出します。

<?php dynamic_sidebar('ウィジェットエリア名'); ?>

footer.php

追加

<div class="footer">
  <div class="inner">
    <div class="widget">
      <ul class="widget_list">
        <?php dynamic_sidebar('フッター'); ?>
      </ul>
    </div><!-- /.widget -->
    <div class="copyright">
      © 2019 ポートフォリオ.
    </div><!-- .copyright -->
  </div><!-- .inner -->
</div><!-- .footer -->

<?php wp_footer(); ?>
</body>
</html>

出力されるHTML

dynamic_sidebar関数は初期状態だとliタグで出力されるのでulタグ内で呼び出します。

ハイライト部分が関数によって出力されたHTMLコードになります。

<div class="widget">
  <ul class="widget_list">
    <li id="search-3" class="widget widget_search">
      検索ウィジェット内容
    </li>
    <li id="archives-4" class="widget widget_archive">
      <h2 class="widgettitle">アーカイブ</h2>
      <ul>
        <li>
          <a href="http://localhost/wp00/2019/07/">2019年7月</a>
        </li>
        <li>
          <a href="http://localhost/wp00/2019/06/">2019年6月</a>
        </li>
      </ul>
    </li>
    <li id="pages-2" class="widget widget_pages"><h2 class="widgettitle">固定ページ</h2>
      <ul>
        <li class="page_item page-item-2">
          <a href="http://localhost/wp00/sample-page/">サンプルページ</a>
        </li>
        <li class="page_item page-item-19">
          <a href="http://localhost/wp00/">トップページ</a>
        </li>
      </ul>
    </li>
  </ul>
</div>

style.css

出力されるHTMLをもとにCSSを追記します。

/*********************************
 widget
**********************************/
/* フッターエリア */
.footer .widget {
  padding: 0 0 30px;
}
.footer .widget ul {
  list-style: none;
  padding: 0;
}
.footer .widget a {
  color: #fff;
}
.footer .widget .widget_list {
  display: flex;
}
.footer .widget .widget_list > li {
  padding-right: 40px;
}
.footer .widget .widgettitle {
  margin: 0 0 1em;
  font-size: 16px;
  font-weight: 400;
}

表示結果

おさらい問題

固定ページのカスタムテンプレート「custom-page1.php」のコメントの後にウィジェットエリア「カスタム1固定フッター」を作成してみましょう。

作成したウィジェットには「カスタムHTML」で広告を入れてみましょう。

表示結果

固定ページ編集画面で「カスタムテンプレート1」を選択「更新」して表示確認しましょう。

このページで出てくる関数

WordPress関数は「公式サイトのドキュメント」で確認しましょう。

WordPress関数

register_sidebar()

dynamic_sidebar()

 

※欠席者対応:lesson26 - lesson27