Learning site for website creation

php.iniを使わずにPHPエラーを非表示にする

  • 投稿日:2017年03月03日

WordPressでエラーが発生。一時的にエラー非表示する方法。

ちなみに今回のエラー内容は以下。

Warning: urlencode() expects parameter 1 to be string, array given in C:\xampp\htdocs\wp\wp-includes\formatting.php on line 4762

共通ファイルの「functions.php」先頭に以下を追記。

error_reporting(0);

「0」の部分を変更してエラー表示レベルを変更可能。

定数 説明
0 すべてのエラーを非表示
E_ERROR 1 重大な実行時エラー
スクリプトの実行は中断
E_WARNING 2 致命的エラーではない実行時警告
E_PARSE 4 コンパイル時のパースエラー
E_NOTICE 8 実行時注意
※デフォルト設定では出力されない
E_CORE_ERROR 16 PHPの初期始動時点での致命的エラー。
E_ERRORと似ているがPHPのコアから発行される点が違う
E_CORE_WARNING 32 PHPの初期始動時点での致命的エラーではない警告
E_WARNINGと似ているがPHPのコアから発行される点が違う
E_COMPILE_ERROR 64 コンパイル時の致命的エラー。
E_ERRORと似ているがZendスクリプティングエンジンによって発行される点が違う
E_COMPILE_WARNING 128 コンパイル時の致命的エラーではない警告
E_WARNINGと似ているがZendスクリプティングエンジンによって発行される点が違う
E_USER_ERROR 256 ユーザーが発行するエラー
E_ERRORと似ているがPHPコード上で trigger_error() を使用して発行される点が違う
E_USER_WARNING 512 ユーザーが発行する警告
E_WARNINGと似ているがPHPコード上で trigger_error() を使用して発行される点が違う
E_USER_NOTICE 1024 ユーザーが発行する注意
E_NOTICEと似ているがPHPコード上で trigger_error() を使用して発行される点が違う
E_STRICT 2048 非推奨関数を使用した場合に発行
※デフォルト設定では出力されない
E_RECOVERABLE_ERROR 4096 キャッチできる致命的なエラー
危険なエラーが発生したがエンジンが不安定な状態になるほどではない
ユーザー定義ハンドラでエラーキャッチされなかった場合 E_ERROR として異常終了
E_DEPRECATED 8192 実行時の注意。これを有効にすると、 将来のバージョンで動作しなくなるコードについての警告を受け取ることができる。
E_USER_DEPRECATED 16384 ユーザー定義警告メッセージ
 E_DEPRECATED と同等だが PHP のコード上で trigger_error() を使用して発行される点が違う
E_ALL 32767 サポートされるすべてのエラーと警告を表示