Learning site for website creation

WordPressをテスト環境から本番環境へ移行:移行編

  • 投稿日:2018年11月20日

移行するために用意するデータ

  • WordPressファイル一式が入ったフォルダ
    • 「wp-config.php」変更済み
    • 「.htaccess」変更済み ※テスト環境・本番環境公開フォルダ以下の構成が違う場合のみ
  • WordPress情報の入ったデータベースのスクリプトファイル
    • スクリプトファイル内のパス情報変更済み

WordPressファイル一式が入ったフォルダを本番環境へ移行

今回は「honban00」フォルダに本番環境移行用WordPressファイル一式が入っているとします。

FTPソフトを起動し本番環境サーバに接続します。

接続したら「honban00」フォルダを本番環境サーバにアップロードします。

ファイル数が多いためアップロードに時間がかかります。

データベース情報を本番環境に構築

今回はDB領域「honban00」にWordPress情報を構築することにします。

本番環境の「phpMyAdmin」にアクセスします。

左メニュー「New」をクリックしてWordPress用のDB領域を本番環境に作成します。「honban00」という名前でDB領域を作成します。

左メニューに「honban00」が作成されていることを確認します。

左メニューから「honban00」をクリックし、上部タブから「インポート」選択します。

「File to import:」の「ファイル選択」ボタンをクリックし、準備編で用意した本番移行用スクリプトファイル「honban00.sql」を選択します。

他の設定は特に変更せず、下部の「実行」ボタンをクリックします。

インポートが無事完了するとメッセージが表示されます。

左メニューの「honban00」領域にWordPress用のテーブルが構築されているのを確認しましょう。

本番環境で表示確認

本番環境で表示確認します。

http://本番環境ドメイン/honban00/

サイトが表示されていることを確認します。

またリンクをクリックした時に正しくページ遷移していることを確認します。