Learning site for website creation

4.ワイヤーフレーム:レイアウト・パーツ決定

公開日:2020年04月04日 更新日:2021年11月10日

ワイヤーフレームではページ内のどの位置に何の情報をどのように表示するかを決めます。

ワイヤーフレームを使用してサイト制作依頼者とページ構成を決める打ち合わせをしたり、デザイナーにデザイン依頼をだしたり、プログラマーに機能実装可能か確認をします。

今後の制作過程の設計図となるものなので、必要な情報が過不足なく掲載されていなければいけません。

ページ内の主要パーツ

Webページ内でよく利用する主要パーツを紹介します。

ページ数の多いサイトの場合は「パンくずリスト」の利用を検討するとサイト内移動が楽になります。

ヘッダー

ヘッダーはWebページ上部に表示されるコンテンツです。主に「ロゴ」「ナビゲーション」が配置されます。

基本的にサイト内のすべてのページに配置され「ロゴ」や「お問い合わせに関する情報」など常時表示しておきたい優先度高い情報を表示します。

主な構成

  • リンクつきロゴ
  • グローバルナビゲーション
    • 配下カテゴリトップページへのリンク
  • 優先度の高い情報
    • どのページでも確認できた方がよい情報
      「電話番号」「定休日」等
    • 「資料請求ボタン」等目的達成への導線
https://www.nintendo.co.jp/
https://ims-kinen.com/
https://bandainamco-am.co.jp/tp/namja/

ナビゲーション

サイト内を移動するためのメニューです。主に配下カテゴリのトップページに移動します。

ページ上部に表示される「グローバルナビゲーション」やフッター位置に配置される「フッターナビゲーション」が多くのサイトで利用されています。

ナビゲーションはヘッダー内に組み込まれることもあります。またページのレイアウトによっては横にナビゲーションを配置する場合もあります。

主な構成

  • 配下カテゴリトップページへのリンク
https://www.nintendo.co.jp/
https://ims-kinen.com/
https://bandainamco-am.co.jp/tp/namja/

フッター

フッターもヘッダー同様、すべてのページで利用することが多いため、「お問い合わせボタン」や「営業時間」等の優先度の高い情報を表示します。

また、文字サイズを小さくして「コピーライト」や「会社概要」、「規約」など優先度の低い情報へのリンクも表示します。

ページ下部は別ページに誘導する役割もあるので、各ページのリンクをフッターにまとめてサイトマップ代わりにしている場合もあります。

主な構成

  • コピーライト
  • 優先度の高い情報
    • どのページでも確認できた方がよい情報
      「電話番号」「定休日」等
    • 「資料請求ボタン」等目的達成への導線
  • 優先度が低いページへのリンク
    • 利用規約
    • プライバシーポリシー
  • サイト内別ページへの誘導
https://www.nintendo.co.jp/
https://ims-kinen.com/
https://bandainamco-am.co.jp/tp/namja/

メインビジュアル / ヒーロー画像

メインビジュアルやヒーロー画像はトップページのファーストビュー(最初に表示されるエリア)に配置されることが多いパーツです。

サイトイメージやインパクトを与えるビジュアルを使用します。JavaScript等を使用して時間で画像が切り替わる「カルーセル機能」を実装することも多いです。

配下ページでは高さを抑えたメインビジュアルを配置することもあります。

主な構成

  • インパクトのある写真
  • キャッチコピー
  • 目的達成ページへのリンク
  • 画像を時間差で複数枚見せる(カルーセル機能)
    ※JavaScriptで実装
  • 配下ページではメインビジュアルの高さを低くしたり省略することもある
https://www.nintendo.co.jp/
https://ims-kinen.com/

パンくずリスト

ページ数が多いサイトに配置されることが多いパーツです。自分がサイト内のどのカテゴリにいるかを表示します。

また上位カテゴリをクリックすることで移動できます。

https://zozo.jp/
https://kakaku.com/

サイドバー

2列構成や3列構成の際、メインコンテンツ横に配置されるパーツです。

「関連コンテンツへのリンク」や「広告」などが配置されます。

基本レイアウトを決める

よく使われるレイアウトは以下です。

シングルカラムレイアウト

すべてのパーツを1列で構成します。

メリット

  • スマホ対応が楽
  • メインコンテンツに集中してもらいやすい

デメリット

  • 画面内に表示できる情報が少ない
  • ページが長くなりがち

マルチカラムレイアウト

複数列で構成(2カラムレイアウト・3カラムレイアウト等)します。

メリット

  • 画面内に多くの情報を表示できる
  • どの位置からも別ページに誘導しやすい

デメリット

  • 閲覧者の視線が分散しがち

タイル型レイアウト・グリッドレイアウト

コンテンツをタイル状に並べて配置します。

メリット

  • 画面内に多くの情報をコンパクトに表示できる

デメリット

  • 1つ1つのコンテンツが小さいので一覧表示に使用することが多い

サイト制作の準備

  1. サイトの目的と閲覧者を策定
  2. サイト内に必要なコンテンツの確定
  3. サイトマップ作成:サイト構成を作成
  4. ワイヤーフレーム:レイアウト・パーツ決定
  5. ワイヤーフレーム:作成
  6. デザインカンプ作成:ページデザイン
  7. ディレクトリマップ作成
  8. コーディング