Learning site for website creation

Gutenbergエディタ主要ブロックの生成HTMLを確認

  • 投稿日:2019年07月17日

Gutenbergエディタで使える主要ブロックがどんなHTMLを生成するのか確認します。

また「追加CSSクラス」に「hogehoge」を指定した時のHTMLも確認します。

見出し

生成されるHTML

<h2>見出し</h2>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<h2 class="hogehoge">見出し</h2>

段落

生成されるHTML

<p>段落</p>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<p class="hogehoge">段落</p>

リスト

生成されるHTML

<ul>
  <li>リスト</li>
  <li>リスト</li>
</ul>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<ul class="hogehoge">
  <li>リスト</li>
  <li>リスト</li>
</ul>

画像

生成されるHTML

<figure class="wp-block-image">
  <img src="画像パス" alt="" class="wp-image-番号">
  <figcaption>画像</figcaption>
</figure>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<figure class="wp-block-image hogehoge">
  <img src="画像パス" alt="" class="wp-image-番号">
  <figcaption>画像</figcaption>
</figure>

テーブル

生成されるHTML

<table class="wp-block-table">
  <tbody>
    <tr>
      <td>テーブル</td>
      <td>テーブル</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>テーブル</td>
      <td>テーブル</td>
    </tr>
  </tbody>
</table>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<table class="wp-block-table hogehoge">
  <tbody>
    <tr>
      <td>テーブル</td>
      <td>テーブル</td>
    </tr>
    <tr>
      <td>テーブル</td>
      <td>テーブル</td>
    </tr>
  </tbody>
</table>

整形済みテキスト

生成されるHTML

<pre class="wp-block-preformatted">
    /l、 
   ("゚. 。 フ 
   /つc□  
  ()  (~)~ 
</pre>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<pre class="wp-block-preformatted hogehoge">
    /l、 
   ("゚. 。 フ 
   /つc□  
  ()  (~)~ 
</pre>

コード

生成されるHTML

<pre class="wp-block-code"><code>
.groupname .hogehoge {
  color: #f00;
}
</code></pre>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<pre class="wp-block-code hogehoge"><code>
.groupname .hogehoge {
  color: #f00;
}
</code></pre>

ボタン

生成されるHTML

<div class="wp-block-button">
  <a class="wp-block-button__link" href="絶対パス">
    Hello World
  </a>
</div>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<div class="wp-block-button hogehoge">
  <a class="wp-block-button__link" href="絶対パス">
    Hello World
  </a>
</div>

カラム

生成されるHTML

<div class="wp-block-columns has-2-columns">
  <div class="wp-block-column">
    <p>カラム</p>
  </div>
  <div class="wp-block-column">
    <p>カラム</p>
  </div>
</div>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<div class="wp-block-columns has-2-columns hogehoge">
  <div class="wp-block-column">
    <p>カラム</p>
  </div>
  <div class="wp-block-column">
    <p>カラム</p>
  </div>
</div>

メディアと文章

生成されるHTML

<div class="wp-block-media-text alignwide">
  <figure class="wp-block-media-text__media">
    <img src="画像パス" alt="" class="wp-image-番号">
  </figure>
  <div class="wp-block-media-text__content">
    <p>文章</p>
  </div>
</div>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<div class="wp-block-media-text alignwide hogehoge">
  <figure class="wp-block-media-text__media">
    <img src="画像パス" alt="" class="wp-image-番号">
  </figure>
  <div class="wp-block-media-text__content">
    <p>文章</p>
  </div>
</div>

最新の記事

生成されるHTML

<ul class="wp-block-latest-posts">
  <li><a href="絶対パス">実績03</a></li>
  <li><a href="絶対パス">実績02</a></li>
  <li><a href="絶対パス">実績01</a></li>
  <li><a href="絶対パス">ブログ03</a></li>
  <li><a href="絶対パス">ブログ02</a></li>
</ul>

編集画面で「追加CSSクラス」を指定

追加CSSクラスありで生成されるHTML

<ul class="wp-block-latest-posts hogehoge">
  <li><a href="絶対パス">実績03</a></li>
  <li><a href="絶対パス">実績02</a></li>
  <li><a href="絶対パス">実績01</a></li>
  <li><a href="絶対パス">ブログ03</a></li>
  <li><a href="絶対パス">ブログ02</a></li>
</ul>