Learning site for website creation

VS Codeで検索除外ファイルを指定する

  • 投稿日:2021年08月23日

ワークスペース単位で検索除外ファイルを指定

ワークスペースファイルに検索対象から除外するファイルを指定します。

編集するファイルは「○○.code-workspace」です、

「settings」に表示ファイル除外を意味する「search.exclude」を追記します。

globパターン

表示除外するファイルは「globパターン」を使用します。

  • 「*(アスタリスク1つ)」:0文字以上の文字列
  • 「**(アスタリスク2つ)」:0個以上のディレクトリ/サブディレクトリを含む文字列

以下は「data」フォルダ内のすべてのファイルを検索対象から除外する。ワークスペース内の「.sql」拡張子(SQLファイル)と「.map」拡張子(Sassマップファイル)を検索対象から除外する例になります。

{
	"folders": [
		{
			"path": "."
		}
	],
	"settings": {
		// 検索除外
    "search.exclude": {
      "**/data/**": true,
      "**/*.sql": true,
      "**/*.map": true,
    }
	}
}

VS Code全体で検索除外ファイルを指定

「ファイル」>「基本設定」>「設定」を選択

「設定」画面が表示されるので右上の  をクリックします。

「settings.json」に「search.exclude」を追記します。

以下はVS Codeで「.sql」拡張子(SQLファイル)と「.map」拡張子(Sassマップファイル)を検索対象から除外する例になります。

{
          :
		// 検索除外
    "search.exclude": {
      "**/*.sql": true,
      "**/*.map": true,
    }
}